スネークウッド(SNAKEWOOD)
主 産 地  ブラジルのアマゾン川流域からガイアナ共和国、ベネゼエラ、スリナム、コロンビア、パナマ、メキシコ南部、さらには西インド諸島までの中央アメリカ及び熱帯南アメリカに生育する。
別   名  レパードウッド、レターウッド
外   観
 心材部の暗赤色から帯赤褐色のヘビの外皮のような外見。黒い斑と縞模様は、細胞孔膣を埋める植物ガム質の堆積物が多彩な形状を伴って表れた結果である。木理は不規則であるが、肌目は適度に精である。

主要特性
 非常に硬い木材で、劣化しやすいため乾燥は困難で、乾燥度も若干狂いを生じる。すべての強度特性において例外的に高い値を示すが、蒸し曲げには適していない。加工は困難で、刃先を鈍磨させる。樹脂を多く含むことから、接着および塗装には注意が必要であるが、研磨すると滑らかで美しい仕上りが得られる。
 非常に耐久性が優れた木材で、虫害に対す耐性もある。保存薬剤の処理は非常に難しい。
用   途
 最高級のろくろ細工用木材で、杖やドラムスティック、釣竿、意匠を凝らしたフォークやナイフの柄、傘の柄、装身具、ブラシの柄などに加工される。
 またバイオリンの弓にも用いられ、原住民は昔からこの木材から狩猟用弓を作ってきた。上質な木材はスライスカットされてキャビネット用の化粧単板にされる。

備   考
 スネークウッドは世界で最も高価な木材の一つである。その名前は心材部の暗赤色から帯赤褐色のヘビの外皮のような外見からきている。不定形の黒の縞模様と暗色の斑が、豹の模様に似ていることからレパードウッドとも呼ばれている。また象形文字にも似ていることから、レターウッドとも呼ばれている。現在資源も少なくなっており、需要も限られている。
 
総 称 名  スネークウッド
学   名  Piratinera guianensis
産   地  スリナム
科   目  クワ科
比   重  気乾比重 1.20〜1.36  広葉樹
参考資料:世界木材図鑑(産調出版)
       木材活用ハンドブック(産調出版)
       熱帯の有用樹種(大日本山林会)