パープルハート(PURPLEHEART)
主 産 地  メキシコからブラジル南部にいたる熱帯アメリカにh広範囲に分布している。
別   名  アマランス、グアラブー、パウ・ロッショ
外   観
 辺材は白色または灰色、時に紫色の縞がある。心材は新鮮なときはくすんだ褐色または、灰褐色、大気にふれると、紫褐色ないし濃い紫色または紫色になる。辺材との区別ははっきりしている。味や香りはほとんどない(乾燥材)。肌目は精またはやや精、木理は一般に通直、時に交錯、光沢は中庸、材の色調は人目をひく。

主要特性
 乾燥はかなり速く、劣化もほとんどない。また乾燥後の狂いもほとんどない。曲げの強さ、圧縮の強さ、剛性は高く、耐衝撃荷重性は中庸である。蒸し曲げに対する適性は中庸。加工はかなり難しく、刃先を鈍磨させる性質は中庸から重度のものまである。釘打ちにはした穴が必要であるが、接着性は良く、表面仕上げも良好である。スピリット系の塗料で仕上げると、せっかくの紫色が色あせする傾向がある。辺材は虫害を受けやすいが、心材は非常に耐久性に優れ、保存薬剤による処理はきわめて難しい。辺材は透水性があり、保存薬剤を吸収する。

用   途
 原産国では、キャビネットや家具の材料として、さらには橋、淡水で使用する杭、埠頭や波止場などの大規模な屋外建築工事に用いられる。また彫刻や木彫にももちいられ、ろくろ細工では道具の柄、工芸小物などに加工される。特殊な用途としてはボード建造、体育用具、ダイビングボード、スキー、車大工、ビリヤードのキュー、化学薬品の容器、濾過機の圧搾板などにも使われる。またスライスカットされて化粧単板にされる。


備   考
 織物の繊維を染める染料がこの木材から抽出できる。この木材はあまり変化はない。
 
総 称 名  パープルハート
学   名  Peltogyne spp.
産   地  ブラジル
科   目  マメ科
比   重  気乾比重 0.80〜1.00  広葉樹
参考資料:世界木材図鑑(産調出版)
       木材活用ハンドブック(産調出版)
       熱帯の有用樹種(大日本山林会)